◆日本は海外諸国に比べると女性の家事負担が大きいこと

要領が悪く時間が押していた朝、
バタバタしていて、イライラとおにぎりを握っていました。

その時、台所にある福笹に手を合わせにきただんなさんに
「海苔のフタ開けて!」と口調キツク言ったら

「オレも急いでるねん!」と同じ口調で返され
海苔のフタを無視しパンパンと二拍一礼している彼に

(私は息子のことやってんのに!← 心の声)とまたまたカチンときて
握っていたおにぎりがうまくまとまらず
あーーもーーー!!もやもとなりひとしきり反省をしました。

こんな日もあります。
神さま、だんなさん、息子くんすみません。

そして何の引き合わせでしょうか?
その後チラ見した情報番組で日本のワーキングマザーが
いかに負担が大きいかニューヨークタイムズが
密着取材した内容が放送されていました。

日本は海外諸国に比べると女性の家事負担が多く大きいと。
海外の多くの国では家事分担が当たりまえ。

フランスでは20年前は今の日本と似ていたそうですが
随分変化してきたそうです。

確かに日本ではいまだ家事は女性がするもの
オンナがして当たり前という考え行動は根強いですね。

近年は女性も働きやすくなりましたが
それでも男性との社会多的評価差や日本の雇用システムも
長年の歴史の影響は今も受け継がれています。

女性が共働きしながら担う作業って
本当にたくさんあります。

子どもがいるとそれは更に多く
たとえば、ごはんや洗濯、掃除子どもの保育園の日誌や、準備
子どもの学校の宿題をみる、学校からなプリントや書類書き、行事など。

↑ これでも一部。

とにかくずーっと動きっぱなし‥でした。。。私も。

また、テレビで印象的だったのが海外に比べ
日本の家事育児の女性負担が大きい原因が
周りの目を気にする完璧な母を目指すからというキーワードでした。

確かに!自分もそうやったなー。

我が家では10年ほど前から夫と家事、育児は分担しています。
分担というより一緒にするという考え方です。

それまでは手伝ってもらうという意識だったのですが
心理学を学びその意識に違和感を感じるようになりました。

手伝ってもらうは「自分がするもの当たり前。だからそれを助けてもらっている」
という上下を作っていることに気づいたのです。

それってどっからきてるんやろ??

考えてみると育ちや習慣(文化)
当たり前だからという受け継がれた価値感からでした。

ここまで書いてなんですが私自身
これまでの価値感や文化を全否定しているわけではありません。

男性や女性、得意不得意がありますし
だからこそ日本独自の文化や伝統が守られてきたと思うからです。

ただ時代は変わっていく。

昔は専業主婦が多かったかもしれないけれど
今は違うし女性の能力が多種多様な形で社会貢献になり
世の中をつくっているのが「今」です。

時がすすみ時代が変わっているのに
関係や行動、人の意識が狭義で変わらないのは不自然やんな。

だから長年しんどかったんや!と思いました。

夫は最初、家事分担が受け入れにくく「手伝う」という意識でしたが
今では以前まーったくできなかった料理もできますし
掃除、洗濯、子どものことも全てわかちあえるようになりました。

ひとりでも何不自由ないな(笑)

「手伝ってくれてありがとう」ではなく
「お互いに家族のことをやってくれてありがとう」であり
私も手伝ってもらってると思わなくなりました。

この違いは大きいと思います。

朝の夫の一言に反応したのは
「オレだって急いでるねん!(←仕事してんねんから)」という
昔の関係のイライラや、わかってもらえない悲しさが瞬時に出たのだと思います。

うちは1人息子ですが彼が担う次の時代には古き良きものと
また習慣だけにとらわれず常によりよいものを探索し
自分たちでつくる関係を何かしら伝わっていればいいなぁと思います。

◆いい運気のはずなのにイマイチなのは何故?あべこべの謎解き

占いで今いい運気のはずなのにイマイチなのは何故?
逆に停滞期のはずなのによいのは何故?

先日、親しい人が疑問に思っていたので
その謎解きをしました。

みなさんはどう思われますか?
あべこべに感じたことはありませんか?

で、そのあべこべが何故かというと

良い時期や停滞期も人生という同じ一本の線上で
存在することなので、単発で観るのではなく
繋がりを意識するかしないかで
結果が変わると私は思っています。

どんなに良い運気でも
それ以前の生活態度や選択が悪ければ
良い時期を生かしきれないし
逆に停滞期に努力していると
「イイ時期」のように思えることがあります。

なので停滞期に無理せず、やさぐれず力を入れすぎず
それでもやることやっていたら
良い時期はサイコ―に良くなるってことですね。

私がマンツーマン講座で開催している
「心の育て方講座」では、自分が持っている資質や能力を
人生という一本の道でどう捉えどう生かすのか
「心の在り方・使い方」をお伝えしています。

年を重ねると体は老化していきますが心が逆。

使えば使うほど、使い方がよければよいほど発展するし
自分が望む人生を創っていくことができます。

熟練の技、匠のようなものですね。

そのためには短期的や短絡的に考えず
「繋がり」を意識できるかどうかも結果が変わります。

また「運命」と自らの「選択」のバランスを
とれるかどうかも結果が変わります。

それを知っていると運気に左右されにくく
あぁ、自分にはこんな素敵な原石がまだまだあるから
どこでどう活かそうか?
いつどのように磨こうか?
と思うことができるようになります。

てことで、
もし「あべこべ」のように感じている人がいるなら
まず「繋がり」を意識していみてくださいね。

◆家が好き

こちらの家に引っ越してきて1年と少し。

以前と違うところは毎日家族以外の誰かが
お越しになられることです。

クライアントさんや受講生さま
友人やお客様方など。

よく「綺麗にされてますね」
「ちらかっていない」と言って頂きます。

時には「ここに住んでいるんですか?」
(寝泊り)と聞かれることもあります。

ここへきて公私とも境の曖昧な日々ですが
これまでの「住む」という概念が変わりました。

家には家族のものというより
家族を含むご縁ある人たちや好きな人たちと
「居心地よくすごす場」であり
「安心できる場」であり
「癒しの場」であり
「泣ける場」であり
「たのしい気分になるところ」
「元気になるところ」だと思うようになりました。

家族にとってもお客様にとっても
「拠り所ですね」とスタッフが言っていました。

せやな、ほんと、そう。

家が大好き!この場が愛おしい、、、そう思うので
綺麗にしなくちゃ!ではないんです。

愛おしいから綺麗にしたい。

あ、、ちょっと嘘です。

最初はお客様が多いから綺麗にしようがスタートでした。
ただここにきて反対になったというのがほんとのところ。

だからお客様のおかげであります。

綺麗を維持するためちょっとした
ルーティンと決め事をしています。

・玄関とトイレは毎日必ず拭き掃除をする
・モノの位置を決めだしたものは元に戻す
・3ヶ月に一度プチ整理整頓をする
・大好き、ありがとうと言う
・人の出入りの度に喚起し空気を入れ替え、イメージを気で整える

どれもちょっとのことですが変わります。

よい気が巡るよう今日も家に話しかけ
出来ることをしていきたいと思います。

◆お不動さんの思い出

「久々にお不動さんでましたね、、、」
スタッフがたまに私に言います。

スタッフとは公私で15年のお付き合い。
長いこともあり私の天使も悪魔もキレイも汚いも
そしてお不動さんも知っている1人です。

で、お不動さんって何かというと、
正義感というかなんというか、、、。
それは突如怒りの顔や無の顔になってあらわれ
それが出た時は自分だけれど自分じゃないような、
なんだろな、、うまく言えませんが豹変するので
それをお不動さんが出たと呼んでいます。

お不動さんに目覚めたのは小学校の時でした。
当時、仲が良かった友達ヤッコちゃんとの
放課後の出来事だったそうです。

私は覚えておらず大人になってから聞き
後から徐々に思い出しました。

当時ヤッコちゃんは9才で
コマなし(自転車)が乗れず悶々としていました。

乗りたい、恐い、乗りたい、怖い

でもまぁ自転車乗れなくても困らへんし
えっか〜と思っていたそうです。

ある日そんなヤッコちゃんを
チビユカは、遠くの公園に連れだしました。
私はチャリンコ、ヤッコちゃんは歩きで。

公園は街中から外れにあり人が少なく
自転車の練習にはもってこいでした。

そこで最初はヤッコちゃんを自分の自転車に乗せ、
後ろを押して、、走っては手を離すを繰り返していたようです。

ですが何度やっても進歩なく日も暮れてきました。

「もういいねん、どーせのられへんし」とヤッコちゃん。

その時わたしはお不動さんに豹変したそうです。

すごい形相で
「そんなんやからいつまでたっても乗られへんねやろが!
私歩いて先帰るからその自転車に乗って帰ってきてっ」
と公園からダッシュで走り去ったらしい。。。

おーこわっ。いやいやいやいや
余計なお世話と思いましたが‥

その後のいきさつをきいて
「チビユカなかなかやるな!」と思いました。

可哀想においてけぼりをくらったヤッコちゃんは
泣きながら自転車にまたがったそうです。

というのもその公園は家から徒歩で
30分以上距離がありへんぴな所でした。
また辺りは刻々と暗くなっていきます。

このままじゃヤバイ!とヤッコちゃん。

友達のチャリンコを放置するわけに行かず
早よ帰らんなと焦るわ、コワイわで
泣きながら自転車にまたがったそうです。

すると



のーれーたー!
す、すごいーーーー!

で、その様子を茂みで見ていた
チビユカが飛びだしてきたそうで
泣きながらヤッコちゃんに抱きついたそうです。

見方によればスパルタおせっかい「ドSユカ」ですが
結果的には良き良き!お不動さん。

何かに反応して怒りが湧く時
2種類あるように思います。

一つは自分を痛みから守るための
怒りや、トラウマからの怒り。

もう一つは愛からの怒り=お不動さん。

大人になるにつれ前者が多くなったり逆に怒れなかったり
また2つが混じりあったりもしますが(←私の場合)

本気で相手を思い叱ってくれるお不動さんはありがたい。

振り返るとこれまでに自分にも
本気で叱ってくれたお不動さんがいます。

あなたにとって、これまで出会ったお不動さんは誰ですか?
あなたは誰かのお不動さんになったことがありますか?

◆小さな変化を見逃さず自覚していくことが回復に繋がります

引きこもりで夜も寝れず苦しい
と数ヶ月おっしゃっていた方が
まず2時間は続けて寝れるようになった!
と報告をうけると
すごい進歩だな、回復だなと思います。

これまで家族のことが四六時中気がかりで
その話題ばっかりだった人が
状況変化はないものの
自分の趣味や好きなこと(好きだったこと)を
ちょろっとでも話す時間が増えてくるのを
目の当たりにすると
これまた大きな進歩だな回復だなと思います。

ですが大概ご本人は
「まだまだだ、、、」
と思われることが多いです。

その渦中にいると小さな変化に感動や喜びを
見出すことは難しいのかもしれませんが
それを見つけお伝えし
次の一歩を見据えるのがカウンセリングの時間です。