◆人に聞けない・頼れない理由と対処法

困った時、わからない時
質問すればいいのはわかるけれど人に聞けない・・・。

なぜ聞けないのか、頼れないのか
その深層心理には下記のようなことがあります。

(1)普段からしっかり者タイプで聞けない人
 自分で何でもやらなければならないと思う方で
 自分が人にしてあげることは多いが聞くことや頼ることに抵抗がある。

 失敗やできないことが恥ずかしいと思う。
 どう思われるかを根底で気にしている。
 聞くこと、頼ること自体は依存ではないが区別がついていない。

この場合、自己肯定感が原因です。
本来の自己肯定感は、出来るか出来ないかではなく
どんな自分も受け入れられるかの度合です。

うまくいかない自分を人にさらけだせるのは
まず自分の受け入れているからです。

聞けない、頼れないの根底には恐怖や負やん、心配があります。
出来る時の自分だけはなく、どんな時の自分もよし!と認めてあげましょう。

(2)聞き方がわからない人
 ・探しものを聞く
  道をたずねる、商品の場所を聞く時などの場合
  ストレートに聞きましょう。

 ・仕事や成果を上げるための聞き方
 「わかりません」というだけでなく、
  どうわからないのか?自分ではどう考えたのかを添えてきく。

知らないものを知らないということ、
わからないものがある、うまく出来ないことは
恥ずかしいことではありません。

自己流や、聞けない、頼れないのは
自分に素直になれず、人に頑固になる場合もあります。

聞いたけど「そんなんもわからないの?」と言われたら
はい!と笑顔で答えたらいいだけ。

だって、わからんもんは、わからん。

そして大概はとても親切に教えてくださり
いいご縁や信頼関係に繋がることが多いです。

自己肯定感と聞き方のコミュニケーションが
互いによい影響を与え合う
人間関係づくりの鍵になりますね。

◆何をやっても一時的な快楽で虚しさが残る時の対処法

欲しいものをあれこれ買い物しても満足できない
もしくは満足するのはその一瞬だけ

人と会っても楽しいと感じられない
話すのもメンドクサイ

食べても食べても
一時的には満腹にはなるが満足はできず
また食べてしまい罪悪感を抱く

これらは別々の症状のようですが
共通しています。

それは心が虚しい空虚感に陥っているのを
満たそう、埋めようという無意識の行為だからです。

むしろ自分を守ろうとする本能です。

以前、死にたい!死にたい!とおっしゃっていて
自傷行為も頻繁な方がカウンセリングに来られていました。

カウンセリングやマンツーマン講座を受講され
またご家族もカウンセリングを受けられ
やがて自傷行為は止まりました。

ただ、自分を傷つけるほど
深い年季ものの心の傷があったこと。

この事実は一生消えるものでなく
自傷行為がなくなっても、冒頭で書いたようなことを
行ったり来たりすることがあります。

また、自傷行為はしたことがなくても
上記のいづれかを体験することは
誰にでもおこりやすいことです。

そんな時は自分の感覚と、感情、思考が
バラバラ(隔離と言います)になり
自動的な快楽行為や行動で心を一時的に満たそうとしています。

心の健康を取り戻す方法は2つ。

—————–
1、五感を意識する
—————–
(例)・食べ物をいつも以上に良く噛む、味わう ➡ 味覚
   ・好きな音楽や音(自然の音)に触れる ➡ 聴覚
   ・アロマなど好みの香りに触れる ➡ 嗅覚
   ・絵や写真、自然など観て落ち着くものを観る ➡ 視覚
   ・マッサージなどを受ける、お風呂や温泉なども ➡ 触覚

とにかく自分が心地よいと思ういづれかを
意識してみることをやってみて下さいね。

—————————–
2、カウンセリングを受ける、学ぶ
—————————–
カウンセリングには溜まっている
無意識のものを安全に吐き出す効果と
学びには根本原因がわかり
自身の自然治癒力を高める効果があります。

年末年始や、季節の変わり目など
いつもと違うリズムになると
体調だけでなく心も心労が出やすくなります。
ご自愛くださいね。

また心も体も調子よい時でも、
そんな時だからこそ、
1と2を意識的にすることは心の健康予防になります。

◆残像訓練でイメージトレーニング

夢を叶える方法の1つに
イメージトレーニングがあります。

想いを具体的にリアルに想像できると
現実になりやすいと言われていますね。

スポーツ選手は
イメトレをされている方が多いと聞きます。

とはいえ、大人になった今、リアルに空想したり
妄想するのは難しいという方もいらっしゃいます。

そんな方にオススメなのが「残像訓練」です。

何もない状態から空想するのではなく
まずリアルに残像をまぶたの裏に残す訓練をし
何もなくても想像できるようにステップを踏むという方法です。

下記にやり方を書きますので
ぜひ試してみ下さい。

(1)真ん中の緑の丸を20秒ほどみつめます。

(2)次に目を閉じてまぶたの裏の残像をみます。
  人によって見え方は違います。
  ・目をつぶっても形がそのまま見える
  ・色が反対に見える
  ・そのままの色と形に見える、など

(3)時間をおいてから目を閉じ残像を思い出してみる

以上が残像訓練の一例です。
カードは補色を使っています。

私は以前、幼児教室の先生をしていましたが
0~6才までの各クラスのレッスンでは
右脳トレーニングの時間があり親子で取り組んでもらっていました。

残像訓練やイメトレ
子どもたちは元々想像豊かな世界にいるので
とても簡単みたいでしたが(笑)

想像力や発想力
また集中力も身につく残像訓練です。

空想やイメージが得意な方も苦手な方も
遊び感覚で取り組んでみられてはいかがでしょうか。

ただし、イメージだけでは叶いません。

妄想や空想してリアルに想像し
並行して行動すれば想いが形になりやすいです。

◆実学の講座

感じていることと
考えていることは違う

もしくは、よくわからない

そんなことは
実はしょっちゅうあるものです。

なぜなら、意識と無意識は1対9の割合だから。
無意識多し。

以前、心理学講座でアートセラピーを学び
実際に描いて頂きました。

テーマは「今年一年の自分」

最初に単語や文で
願望や決意、目標などを書き出し
その後アートセラピーのやり方を学び
絵を描いて頂きました。

実際に絵を描いていると

あれ?
言ってたことと違う

私って、実はそんなこと思ってるんや

苦手な色なのに
そればっかり使ってるー?!

などなど。
これらの気づきは
アートセラピーの効果です。

一枚の作品からたくさんの心の声が出てきて
自分でも驚きの真実に気付くことがあるんですね。

描いててすっきりした!
望んでいることがわかった。
具体的な願望をかなえるやり方に気づいた!

ぜひ日常で生かして下さいね。

心理カウンセリングでは依頼内容に沿った
アートセラピーを用いたカウンセリングも行うことができます。
気になる方は、一度体験にお越しください。

◆どうせ先生は答えを言ってくれへんから…。

「どうせ、先生は答えを言ってくれへんから」

はい(^^) その通り。

自分で体感して、自分で腑に落ちて
自分で納得するのが目的ですから
私が教え込んで答えを導き出すことはせいません。

特に心理学の講座や心理カウンセリングは
答えが正しいか間違っているかではなく
自分で納得するかしないかを大事にしています。

私はその場のコミュニケーションが
安心してやり取りできる、安全な場を整える役割。

もちろん、講座ではテーマに合わせて
心理学の講義をします。

以前、講座で「価値観の相違」をテーマに
話をしたことがありました。

「皆んな違って皆いい」とはよく聞きますが
それは頭でわかっているだけが多いかも。

じゃあ、実際はどうなの?
どう付き合っていくの?・・・とここからが学びのスタートです。
実際に腑に落ちて活用できているのは違います。

その時の講座では、10個の項目をあげて
自分が大事にしていることに順番をつけていきました。

例えば、お金、愛情、食事、健康、快楽、仕事…など。

そして、そこから他者との違いを分かち合います。

その後、これらを思考で選ぶのではなく
直感で選び直すというワークをしてもらいました。

また、自分の人生の転機を想定し
同じ質問を投げかけもしました。

様々な角度から価値観という題材を真ん中に
自分と対話していく面白ワークです。

そうすることで人との関わり方への
ヒントを掴むことが出来てきます。

私自身、何回やっても新たな発見があり
その反面これはぶれないよなーと
頑固な軸を再認識することあり(笑)

ご興味ある方は
カウンセリング体験にお越しくださいね。