◆自由に選べなくて泣くんです

びっくりしたこと!

「自由に選んでいいよって
言うと泣いてしまう子が最近よくいます」

キンダーカウンセラーの仕事先の
幼稚園で先生からききました。

自由に書いていいよ
好きな色選んでいいよ

‥‥泣

じゃあ、AとBどっちにする、、?

‥‥泣泣

選択肢をしぼっても選べないそうです。

それも1人や2人じゃなくて
各学年、各クラスで見られるそうで

「一概には言えないけれど
親や養育環境が影響していますね」

先生がおっしゃっていました。

自分で選ぶ経験は自ら考え、感じ、体験し、
自信ややる気、自分なら、自分だからという
「自分」を自覚する土台になります。

でも、それが出来ない子どもの親
または大人の私たちも自分のこと決められない、わからない
外側に左右される、外に解決を見出す傾向が強いってことだよね。

決めてもらわないと不安
自分に責任がかかることが怖い
だから受動的が癖づいてしまい

子どもへの接し方もこちらが決めたことをするように
自動的にかかわってしまう。

未知が楽しみではなく
未知は不安、心配、恐怖になっちゃってるんだな〜。

自分で自由に選ぶことが難しい人は
自分が何を求めているのかが
よくわからないんだと思います。

そんな時はまず
自分が今どんな気分なのか?
どんな気持ちなのか?
どんなことを考えているのか?

意識的に自分に向ける時間を
もってみることをオススメしています。
大人だったら意識的に。

子どもに関わる場合は「選べなくて困っちゃうね、、」と
その感情をまず言葉にしてみてあげてはいかがでしょうか。

自分で選んだからこそ痛い思いをすることもありますが
主体的だからこそ得る喜びや選択や世界観が広がる楽しさがあります!

私自信もこれからももっともーっと
育てていきたいと思っています。
そう、命つきるまで貪欲に。

どんな時代になろうと
心が自由なのは心強い、しあわせだよね。

◆苦手な人になぜ反応するのかわかった!

出来れば付き合いたくないけれどいたしかたない‥
そんな付き合いってありますね。

ママ友や近所付き合い、仕事、親戚など

心理学を学び、いろんなやり方を身につけ実践し
随分左右されにくくなくなったとはいえ
やっぱイヤなものは嫌!

根深く、自動的に反応することって
そう簡単にはなくなりません。

以前、身内のお葬式で会った親戚
その中に苦手だと思う人がいて数年ぶりに逢いました。

向こうはフレンドリーで、私が逸物
心に持っていることを気づいておられません。

何に反応してきたかというと
ずっるー!でした。

例えば行事や用事などがあって皆が動いていても
その方だけはのらりくらり。

または自分は動かず、周りに用事を振っているように
見えたり、実際にお願いされてきたりと遭遇するたび
「あんたも動きーや!」とは言えず、、内心イラついていました。

とはいえ、立場的に言いにくく
まためったに会わないのにぶつかるのも面倒くさくて
当たらず触らず距離をおいてきたのです。

そんな中、今回は心の準備なく会うことになったのですが
結果は思わぬ展開になりました。

身内の死に直面し、それどころじゃなかったのもありますが、、
気づいたんです!

なぜ反応するのか

それは、その方が親御さんと話しされていた時でした。
その様子をみていた私は仲良いいなぁ‥

いくつになっても甘えられるいい親子だなぁ‥

?!
もしかしてもしかして、
わたし甘えたかったん、、、か?

そや!わたしもあんな風に甘えたかったんやー!

憑物がとれたような感じ。
それに気づいてからは
嫌悪がすうーっとひいてゆきました。

で、そのあとその人から
ことあるごとに声をかけられたのです。

〇〇してくれてありがとう
〇〇ごめんね、悪いね、って。

自分に気づき自分が変われば現実が変わるって言うけれど
ほんとそう。

長いことかかりましたが(笑)
たっぷり自分を甘えさせてあげたいと思います❤️

みなさんは付き合いたくないけれど
付き合わざるえない人
またはずっと苦手な人はいますか?

その人に自動的に反応する
心の奥の声は何と言っていますか?

◆自律神経が乱れたなという時は、やることの順番を変えてみよう

日中は調子いいけど
夕方に向かうと心身重たくなる‥
または、その反対が‥

なんてことが続く時は
自律神経の乱れかもしれません。

いつもは仕事で援助する側だけれど
自身もここ数日その兆候をキャッチ!

身内の訃報などがあり
数日とはいえ生活リズムがガラッと変わりました。

何より心的影響は大きい
自覚している以上にと思います。

そんな時の処方箋ふたーつ!!

ひとつ
力を抜く、ゆっくりを意識する

ふたつ目
やらなきゃいけない雑事は
1日の1番調子のいい時にやる

というわけで
仕事以外のやらなくちゃいけないこと。

夜ではなく朝少し早く
起きてやってしまいました。
すっきり。

これで仕事が終わったあとはゆーっくり♪
そして早く寝る!
で、また明日の朝少し早めに起きてやろ♪

同じやることでも時間を変えるだけで
心身ラクで自律神経の乱れは整いやすくなります。

◆次こそは〇〇する!と決めても出来ないときの解消法

次こそは〇〇する!
ぜったい〇〇する!

強い想いで、勢いよく決めても
途中で挫折してしまうことってありますよね。

日常だと勉強、仕事、ダイエット、掃除
貯金、綺麗になるなど。

うまくいかないのは意志の強弱だと思いがちですが
大概はやり方がその人にあってない場合と、もう一つ!!!

うまくいかなかった時の対処法を決めていない場合は
「もう、でけへん!やっぱ無理!」となりがちです。

カウンセリングでも目標を決めて
スモールステップにして宿題を出す場合があります。

その時にその人に合った出来そうなことを考えるのですが
同時にうまく出来なかった時のことも想定し宿題を出すようにしています。

例えば
「家族にイライラしたらその場をいったん離れる」
という課題の場合。

イライラして離れられなかった時は
あとから振り返えった時
まず気付けたらオッケーだよ!と。

それも、出来なかったら
次回のカウンセリングで
自分で振り返えれたら良しとしよう!など。

こんな風に予め出来ない場合を想定していると
小さな出来たが成功体験となり自己否定を緩和できます。

次こそは!と勢いよく思ったり、
ぜったいに!と思う時ほど、出来ない時の落差が大きい。

自分へのダメだしを応援に変えていくためにも
出来なかった時の建設的なモラトリアル(猶予)や
保険をうまく設定できるといいですね。

◆家族にカウンセリングを受けてもらいたいけれど、本人にその気がありません。

「家族にカウンセリングを受けてもらいたいけれど
本人はその気がありません。どうしたらいいですか?」

これまでにこのようなご相談を何度か受けてきました。
イヤがっている、その気がない方には難しいと思います。

なぜならカウンセリングは「させる」ものではないから。

とはいえ近くにいて見ているのが辛い
心配、不安でたまらないという方のお気持ちも理解できます。

そのような場合は出来れば家族が心配な
ご自身がカウンセリングを受けることを提案しています。

そういうと「自分のことじゃないのに?」と
反応される方もいらっしゃいますがお勧めする理由は2つ。

一つは家族にカウンセリングを受けてほしい!と思う
自分の悩みを解決することで心のゆとりが生まれること。

もう一つは家族への関わり方を心理学的視点で身につけ
実践することで間接的にカウンセリング効果が伝わること。

要は自分がラクになり、またそれによって
家族もよくなることが期待できるからです。

家族に限らず身近な人や大切な人のことが気がかりで
しんどい方はご自身のカウンセリングをお勧めします。