◆【就活・面接】ストレスへの対処法を聞かれた時の回答

ある学生さんが企業のグループ面接で
このような質問を受けたそうです。

どんな時にストレスを感じますか?
そのストレスにどのように対処をされますか?

う〜ん、なるほど!
こういう質問よくあるのかな?

企業側からすると被面接者の人となりを見たり
また、うまくいかない時や困難な時の
対応力を知ろうとされているのかもしれませんね。

もし、自分が聞かれたら
「ストレスを感じているのは今です!」
とか言っちゃったりして…
はい、即アウトー!ってなりそうです。

冗談はともかく
どんな時にストレスを感じますか?

ストレスに感じる場面は人それぞれですが、
例えばやるべきことや
仕事がいっぱいいっぱいになっているとか

合わない人と一緒に何かをしなければならないとか

初めての経験に緊張が半端ないとか

将来のことや、身内の問題で心配があるとか

色々、ありますよね。

ちなみにその面接時の皆さんの答えは
「お風呂にゆっくり入る」とか
「散歩する」とか「音楽聞く」など
主に気分転換のこたえが多かったそうです。

そっかぁ
確かにそれ大事。

気分転換がうまい人はストレスを溜めにくいですし
仕事やTo doのパフォーマンスも上がりますね。

ただ、なんかせっかくの面接だし(?)
気分転換以外のこたえがあってもいいんちゃうかなと思いました。

あ、面接だからというのではなく
実際に使えるものとしてです。

心理学的には気分転換以外に
問題焦点型というストレス対処法があります。

例えば
・今何が気になり、何を問題に感じているのか?
またどんな影響を受けているのかを具体的に明確にする
(書き出す、視覚化、アウトプットする)

・対処法を調べ出来る限りの沢山の
対処案(アイデア)を出し対処法を組み立てる

・人に(専門家)相談するなど

要は、根本の問題に焦点をあてる
⇒ 問題焦点型のストレス対処法。

ちなみに気分転換などの対処法を
心理学では「情動焦点型」と言い
問題焦点型も、情動焦点型も
両者、ストレスへの対峙方法なので面接などで
この2つを自分の事例にあてはめ
サラ〜ッと言えたらカッコイイ!!

即採用、ちゃいます?
な〜んて、、うまくいけばいいなぁ

就活もご縁!
面接は緊張するでしょうがストレス対処法は
就活のストレスにもぜひ活用を。
応援しています。

◆心理カウンセリングに初めてお申し込みされる方へ

心理カウンセリングをはじめて受ける方の中には
緊張される方、いらっしゃいますよね。

お申し込み時のメールに
「緊張します」
「ちゃんと話せるかどうか心配です」など
コメントを頂く場合があります。

初めて会う人に自分のことを話しする、、、
そりゃぁ緊張します。
エネルギー使いますしね。

なら結びの面接では最初に「質問表」を書いて頂きます。

今のお体や心の状態
現在の気がかりやお悩み
家族構成など
これまでのご病気やお薬等、
その他書けるところを書いて頂きます。

また質問されたからといって
何をどう答えるのかも選んで頂いてオッケー。
対面であれば最初の5分程度。

電話やzoomでは事前にお送りしてご記入頂き
それをもとに、お話を伺っていくので
「何から話せばいいのかわからない」はご心配無用!
大丈夫です。

まず心理カウンセリングを受けてみようという
お気持ちに寄り添い
ご相談者のペースに合わせて
お話を伺っていきますので
安心してご受講ください。

また個人情報の取り扱いや
守秘義務に関しましても厳重に取り扱い
カウンセリングを継続される場合は、
同意書(カウンセリングの約束)を
お送りし、お互い合意のもと
安心して気持ちよく受けて頂けるようにしています。

また、心理カウンセリングについて
気になることがあれば
お気軽にご質問、お問合せくださいね。

◆苦手なことにトライする時、役者になってみよう

いいな、素敵だな、気持ちよさそうだな
そう感じて出来そうなことがあれば真似てみる!
いいですね。

逆に、苦手なものやコトがあった時も
対処や対応を誰かになりきってやってみると
意外にうまくいく時があります。

例えば人見知りで初対面の人が苦手な場合
きっと〇〇さんだったらニコッと笑うんやろなぁ、、、

よし!〇〇さんになって
とりあえず口角あげてみよう。

と、こんな風に出来る範囲で真似ることで
緊張が和らぐかもしれない。

どちらにせよやるのは自分ですが
「真似る」や「演じる」で苦手なことのハードルが下がり
スムーズに出来たらいいですね。

名役者になってみようー!

◆「ようなってる、ようなってる!」完全に治っていなくても、大丈夫

時々お世話になる整体の先生やマッサージ師さん
また体調が悪い時に診てもらう病院の先生は、
規定の時間内で完全によくならなくても
「ようなった、ようなった」(良くなった)と言ってくださいます。

これって、とーっても安心するんですよね。

よくなった、完治するというのは理想だけれど
中には時間がかかることや
難しいケースもあるかもしれない。

そもそも人によって違うのは当たり前。

だからこそやれることをやって
その規定内の時間でも
「良くなっていっている」
「良い方向へ向かっていっている」
と言われたり、実感できると
それはもう本当にようなっているんだと思うのです。

これって整体やマッサージ、医療に限らず
心理カウンセリングでも同じこと。

例えその場で完全に症状が改善されなくとも
いったりきたりしていても、
カウンセリングを積み重ねていくことで
前よりは今、今よりは明日とようなっていく。

良い方向へ向かってる!

どんな症状や現状であれ、
受けることで安心と希望を感じられる
そんな時間を共有したい

ようなってるよ!

気分が、気持ちが
少しでも軽くなりますように。

◆休日がしんどくならないためのルーティン

ゆるゆるオフ日でも
一日の始まりにやることがあります。

それは今日どう過ごそかと妄想し
大まかなプランを立てること。
ざっくり(ほんとざっくり)

紙とペンで今日のプラン地図を書いたりして
そうして1日を始めます。

特に何も予定をいれない休みの日って
休んでいるのに結局疲れてしまう、
また翌日がしんどいってことありませんか?

私はこれを軽減する一つに
ダラダラすることも
プランにしてしまうようにしてから
オンとオフのギャップが少なくなり
ラクになりました。

きっと、オンオフであろうとなかろうと
自分で時間を決めてる感が
自由な心のゆとりとリラックスに
繋がるのではないかと思います。

ダラダラ休みの日にわざわざプランなんて、、
と合わない方もいるやろけども。
ギャップでしんどい方は試してみてもいいかも!