◆普段の相談と、心理カウンセリングの違い

心理カウンセリングを初めて受けられる方の中には
友人や知人に相談するのといったい何が違うの?
思われる方もいらっしゃると思います。

心理カウンセリングと一般的な相談の根本的な違いは、
「主観と経験」で話を聞くか、聞かないかです。

一般的な相談は
相談を受ける人の「主観や自らの経験」で話を聞き
アドバイスをすることが多いですが、

心理カウンセリングでは
カウンセラーの「主観や経験」は一旦横において、
心理学や心理療法や技法にあてはめ、
今目の前のクライアントに添ってお話を伺っていきます。

なので人によっては、これまでと違う相談の乗り方に
ほっとしたりラクになったりスッキリしたという方もいれば、
逆に違和感を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

主観や経験値ではない分
最初はインパクトがなく思えたり
物足りなく感じることもあるんじゃないかな。

また心理カウンセリングでの関係は、
上下をつけず対等が基本です。

治す人、治してもらう人
教える人、教えられる人
という間柄や時間ではなく、
役割として相談する人、相談受ける人が存在する関係。

言葉で説明しづらいですね。

というのも実際は必要に応じて心理教育もしますし、
アドバイスをする時もあります。

ですが、それらは常に
どちらかが優れているかどうか?
ではありません。

またそれらをするタイミングも
相手に応じて見計らいます。

特に最初からやらない。
基本は相談者の気持ちをそのまんま受容し
理解しようとお話を伺っています。

とはいえ心理相談といえど様々なカウンセラーがいて
やり方も多様なので合うか合わないもありますね。

なら結びではホームページに
よくある質問としてカウンセリングについて
Q & Aを記載していますので
特に初めての方はそちらをご覧ください。

◆親ガチャ

若い子が使う言葉に
「親ガチャ」というのがあるそうです。

ご存知ない方何だと思います?
親がガチャガチャしてやかましいとか?
‥そんなわけないですね。

「親ガチャ」とは、子は親を選べない。

つまり良い親か悪い親か
また生まれた家や環境なども含め
「自分の不具合の要因はガチャガチャ(カプセルの)のようなもの」
という皮肉な意味あいで使われてる言葉だそうです。

確かにね。
子どもは親を選べません。

またカウンセリングをしていると
親ガチャ最悪!と言いたくなるような
ケースには多々出会いますし

そういう自分も
なんでこの親の元やったんやろ?と正解のない問いに
悶々と苦しんだ時代がありました。

が、親や生まれや環境にかかわらず
人生でうまくいかないことは
全て「ガチャ」が原因なのでしょうか?

運が全て?

もしそうなら、それこそ不幸すぎる!
なす術がひとつもないってことですものね。

確かに世の中には想像を絶する境遇や影響
それらを背負い生きておられる方々もいらっしゃいますが
少なくとも「親ガチャが」と軽く使う人たちにとっては
私はそれが全てではないと言いたい。

もしそうなら心理カウンセリングの
成果や効果もなくなります。

心理学では「原因帰属」という見方があり
おこる原因は運もありますが、
その他の「才能、時期(タイミング)努力、他者など」、
様々な要因と掛け合わせで「変化しうるもの」と言われます。

言いかえればたった一つの要因だけで
自分の未来は決まらないってこと。

少なくとも自分は
今もこれからもそれを信じて
公私とも歩んでいきたい。

とはいえ若い世代の人たちの
ネーミングセンスって
ある意味すごいなとちょっと感心も‥

それからもう一つ
子どもは親を選べないなら
親だって子どもを選べない
といえるのではないでしょうか。

◆先のことが気になり落ち着かない時、我慢はやめましょう

とある試験を間近に控えた知人が、
結果や先を考えてしまい
落ちつかないと言っていました。

わかります。
ザワザワ、ソワソワしますよね。

「あれこれ考えても仕方がない。
考えるだけ時間のムダってわかってて、
だから考えないでおこう!って思うけど考えてしまうねん」
と言ってました。

そうなんです。
考えないでおこうって難しいです、よね。

思えば思うほど
その思考にとらわれてしまいます。

これに限らず「〇〇しない」って
結構難しくないですか?

なぜなら「しない」は我慢だから

ならばそういう時
〇〇しない → 〇〇する
に置き換えてみてはいかがでしょうか

考えない
→ 考え出したらストップ!と言う
→ 考え出したら屈伸する
→ 考えが始まったら自分の好きな言葉をつぶやく

これならとりあえず我慢しなくて済みます。
我慢強くなくて、いいねん。
ものは考えようです。

そして先のことは
その時にしかわからないです。

◆【気がかりがある時】自分でできる整理法

気がかりなことがある時の整理術をご紹介します。

1、書きだす(箇条書き)

2、2つに分ける
 ・自分で変えれるもの
 ・自分では変えれないもの

3、変えれるものに順序をつける

明日の天気が自分で変えれないように
人間関係の気がかりや
将来の不安、世間の情勢も
自分では変えれないことはたくさんあります。

まずは、変えれるものと
変えれないものに分けてみよう!

お片付けと一緒で
気がかりも整理をすると
見通しがよくなります。

またこれをやる時は
時間を決めて15分〜20分以内で
やってみてください
(ダラダラやると逆効果です)

◆「待つストレス」をラクにする方法「待たない工夫」

返事を待つ、結果を待つ

「待つ」ことが必要な時があります。

ですが人や場合によっては
先読みして不安になったり、
要らぬ心配をして待つ時間が苦痛になる方も
おられるのではないでしょうか?

そんな時は「待たない工夫」をオススメします。
これって普段自然にやっていることかもしれません。

例えば待ち合わせで人を待つ時
 →人間ウォッチングをする
 →スマホでゲームする

またはレストランの行列を待つ時
 →おしゃべりを楽しむ、など

なーんだそんなこと?
ですよね?(笑)

そうそう要は待つ時間にあえて
「行動」を意識的にいれるです。

待つ隙間時間に何をしようか?

自分で決めて、やってみる!

出来れば労力が少なく
心身に軽めのものをチョイス!

待つことにストレスがかかる時は
意識的に時間の隙間を埋めてくださいね。