◆心理カウンセラーは物知りじゃなくていい?

心理カウンセリングについて
こんな質問を受けたことがあります。

「自分の知らない分野の話は困りませんか?」

わからなくて戸惑うことはあります。
しかし困ることはありません。

わかろうが、わからまいが
とことん聴くのが心理カウンセラーだからです。

その聴き方は普段の聞き方とは違います。

内面に焦点をあてるのです。
つまり出来事に焦点をあてない。

その出来事や経緯から
あなたが今どんな心の状態か、何を感じているのか、
どうしたいのか、どうなりたいのかを理解するために
「聴く」ということをします。

なのでm常に内側に焦点をあて
教えてもらう姿勢で話を聴いているので
わからないということがほとんどありません。

私が経験したことがないことや知らないことは
クライアントさんが教えてくださいます。

(もちろん私も相手を知るために調べたり学んだりしますよ)

クライアントさんの心の声を聴くのが心理カウンセリング。
ご自身で答えを探し変化するのに
一緒に添うのが心理カウンセリングです。

では、クラインアント自ら変容をおこす為に
まず必要なことは何でしょうか?

行動を変える?
考え方を変える?

どちらも違います。

それは自分自身を知ることです。

行動や考え方を変えるアプローチはその次です。

自分の後ろ、左右、上下に目はない。

私も含め、自分のことをわかっているつもりに
なっていることが多いです。

心理カウンセリングやセラピーやコーチングなど
どう違うかと疑問を持たれる方がいらっしゃいますが
「自分を知る」ことは共通しています。

あくまでクライアントさんが主体であり
カウンセラーが解決の主導権を握らない。

そのためには専門知識や技術が必要です。
ただ聴いているわけではありません。

またカウンセラーも自分を知り続けなければカウンセリングはできません。
私もまた、自分を知るために理解するために内観する毎日です。

私のカウンセリングでは、状況、状態にあわせて
心理学の知識や技術も情報提供していきます。

自分で出来るように、また予防できないとね。

とはいえ、自分を知るってどういうこと?
できてるつもりになってるの?
と思う方は、ぜひ体験をオススメします。

悩んでいるからカウンセリングだけでなく
自分との付き合い方を見直すことができるのがカウンセリングです。