2017年1月

■2017年1月6日放送




1月のゲスト


株式会社ステラアカデミー代表、七田チャイルドアカデミー
富雄・新大宮・精華の3教室を経営されている星雅啓(ほしまさひろ)さんです。


星さんは新潟出身の現在74歳(2017年)
1987年より全国に先駆けて奈良で七田教育をスタートさせ
29年間で1,500名以上の生徒を排出されてきました。
七田教育は七田眞により創設された幼児や小学生対象の早期教育です。

★七田チャイルドアカデミーHP➡クリック


奈良・富雄駅徒歩30秒にある七田の教室にて
ラジオ取材をさせて頂きました。


星先生は「七田チャイルドアカデミー」の3教室をされる以前
小・中学校の塾を10数年されていました。

当時の塾では、出来る子とできない子の差が歴然で
その理由がわからず試行錯誤されていたそうです。
そんなある日、運命の1冊に出逢われます。



その本は七田教育の創始者、七田眞先生の著書「奇跡の幼児英語教育法」でした。
著書にはこれまでの教育の考えた方とは真逆の教育法が綴られていたそうです。

例えば一般的には生まれて間もない子どもは未熟だと考えられています。
七田先生のお考えは、人間は胎児のとき0才といった年齢が低ければ低いほど
右脳(感性や感覚、イメージ力)の能力は高いと説かれています。

運命の本の出会いにより、幼児期の教育がその後に影響を与える重要性を
知った星先生は七田先生に電話をかけられたそうです。
そして、それを機に七田教育を奈良で始められることになり
現在29年目を迎えられています。

「七田教育」は学力中心の左脳教育ではなく「認めてほめて愛して育てる」を
モットーに右脳と左脳にバランスよく働きかける全脳教育です。
七田の全脳教育とは人間性や人間力を育てることが根本だそうです。



29年間の中で嬉しかったことは何ですか?とお聞きしたところ
「1,500名以上の子ども達と触れ合えたこと」
「七田教育が子ども達の中に残ってくれていると嬉しい」
とお話くださいました。

何十年も変わらず子ども達や人の成長を願い
教育について語られる星先生のお話からは温かいお人柄がにじみ出ていました。

インタビューの中では世界で1番エネルギーの高い言葉を教えて頂きました。
その言葉は身近な言葉です。こちらのお話についてはブログをご覧ください。

みずさきゆかブログより
「言い続けていると本物になる言葉」





ゲストに聴く・本との気持ちコーナー

星雅啓さんご紹介の本はこちらです。
本 :「一流の育て方」

著者:ムーギー・キム / ミセス・パンプキン

内容:「どうやって子どもをやる気にさせるのか、その明快な答えが
    ここにある」と絶賛された本書。”グローバルエリート”
    ムーギー・キムと超人気育児コラムニストのミセス・パンプキン
    による画期的な1冊。一流のエリートへの膨大な取材を元に
    「成功する子」を育てるために親がすべきことを紹介。

こちら本をご紹介頂くにあたり
3つのポイントについてお話下さいました。




1つ目は「才能逓減(ていげん)の法則」です。
一定の年齢に成長すると能力は自然に身につくと言われていましたが
七田先生の「大脳生理学」によると、お腹の中にいる時が一番
脳の成長スピードが早く、それが「才能逓減の法則」と言われているそうです。

2つ目は「子どもが育つ環境について」です。
親子で神の形状や皮膚、爪の意図や血液型などは遺伝しますが
子どもの性格や能力、才能は育つ環境によって脳の成長が変わってくるそうです。

3つ目は「心の教育」です。
七田教育では「認めてほめて愛して育てる」という
言葉があるほど「心」をとても大事にされています。
子ども自身、能力を充分に発揮するためには土台に
「愛情」「きびしさ」「信頼感」の心の教育が大事なのだそうです。


目に見えた学力や素晴らしい成果の土台には
目に見えない「非認知能力」の育成が大事だとお話下さいました。
「非認知能力」とは、思いやりや協調性、自主性などの数値に表れない心の能力です。

何の為の教育か、それはここに持つ才能や能力を磨くことで
「人の役にたつ人間になり、自他を幸せにする為」

こちらの本には「非認知能力」を高める為の具体的な関わり方が書かれており
子育てを始める方や子育て中の方に、ぜひ読んで頂きたいとのことです。

教育のスペシャリストのオススメの本、ぜひご覧くださいね。



結びの言葉ではこんな一言を頂きました。

私にとってこの本は
『親学の教科書』です。



鼻歌フンフンコーナーは時間の都合で一発勝負となりましたが
思わず陽気に歌ってしまう星先生にスタジオは大盛り上がりでした。





結んでひらいて、なら結びコーナー

リスナー様よりメッセージを募集しました。
テーマ「新年の抱負、やってみたいことを教えてください」
 
ニワトリーヌ様
明けましておめでとりーございます。
今年の抱負は、周りの人が笑顔でいっぱいになるようにダジャレのセンスを磨くくことです。
笑う門には福来たる!いっぱい笑える年にしたいです。

星先生のとっておきのダジャレを教えてください。
メッセージありがとうございました。

「ダジャレを教えてください」のメッセージに即答してくださった星先生。
座布団1枚です(笑)
「ダジャレの上手な人は頭がいいですからね~」と自画自賛で大笑いになりました。

ちなみに星先生の新年の抱負をお聞きしたところ
「70歳 心の欲するところに従えども 矩(のり)を踰(こ)えず」
という中国の孔子様の言葉をお話下さいました。

どんな想いを込められているか、ぜひ放送をお聞き下さい。
(ダジャレもお楽しみに♪)



◁2016年12月          2017年2月▷