2016年12月

■2016年12月2日放送

1月のゲスト


大阪肛門科診療所の佐々木みのりさんです。


佐々木さんは日本で20名しかいない数少ない女医の肛門専門医です。
関西では1番古い肛門科の女医です。1998年に日本で最初に女医による
女性外来を開設されました。元皮膚科という珍しい経歴を持つため、肛門周囲の
皮膚疾患の治療もされています。毎日5,000~9,000アクセスある人気ブログ
「みのり先生の診察室」でオシリ情報提供をされています。

★ブログ「みのり先生の診察室」➡クリック
★大阪肛門科診療所HP➡クリック



大阪・天満橋駅近くにある診療所の一室にて
ラジオ取材をさせて頂きました。


みのり先生は現在肛門科医ですが、以前は皮膚科医をされていました。
それはご自身の肌が弱く自分も使える化粧品を作りたいという理由だったそうです。

皮膚科医として4年間勤務されていましたが
ご結婚された旦那様が肛門科医で診療所を継ぐことになられ
更に人手不足も重なったことから、肛門科のお手伝いに入られます。
そこで「女医さんに診てほしい」という患者さんの声も後押しになり
肛門科の勉強を一から始められ現在にいたるそうです。



(左)大阪肛門科診療所院長 佐々木巌(いわお)先生
(右)みのり先生とセラピードッグのラブちゃん


大阪肛門科診療所は自費診療をされています。
自費診療といえば、保険診療に比べて診察料が高いですね。

しかし保険診療の場合、診察時間は短く患者さんの話を充分にきくのは難しいそうです。
その為、根本の原因よりも表面を診て、しなくてもいい手術をしたり
病院に通い薬を飲み続け、結果的に高額のお金を払うことになるそうです。

大阪肛門科診療所では「根本治療」を大事にされています。
悪いところといえば何が原因になっているのか?
例えば「便通が悪い?腸が悪い?食べ物を変える?…」など
病気の原因や経緯を探求することが真の治療だとお考えです。

「治る」ということは「医者に通う必要がなくなること」です。
「薬がいらなくなること」です。

(大阪肛門科診療所HPより)

個々の患者さんの話を丁寧に聞き、説明をするのは患者さん自身の健康的自立を促す為です。
普段の生活をどのように過ごせばお尻の健康に繋がるかを具体的に指導されています。
大阪肛門科診療所では、病院を転々とし、手術をしても完治せず
長い間苦しんでこられた方が涙を流し喜んで帰って行かれるそうです。
(大阪肛門科診療所が「患者さんに喜ばれる10個の理由」がHPに掲載されています)



表面だけではなく
その根っこをみて患者さんと関わっておられるんですね。

ラジオ取材では女医としての経歴だけではなく、みのり先生の高校時代の
エピソードもお聞きしました。歌や音楽が得意だったり不登校の経験が
現在の仕事の選択に繋がっている歩みはとても興味深いです。
そちらのお話についてはブログをご覧ください。

みずさきゆかブログより
「仕事に選ばれてきた肛門科の女医・佐々木みのり先生」

ラジオではみのり先生の美声(声)も披露して下さいました。
ぜひラジオ収録をお聞き下さい。





ゲストに聴く・本との気持ちコーナー

佐々木みのりさんご紹介の本はこちらです。
本 :「2週間で体が変わるグルテンフリー健康法」

著者:溝口 徹

内容:小麦に含まれるたんぱく質「グルテン」を排除する食事法
    グルテンフリー。海外の一流スポーツ選手や女優・モデルが
    実践しているとして注目を浴びている。日本における栄養療法の
    第一人者が問題点や実践ヒントを解説する。

本との出逢いは、栄養療法について学ばれているご友人のブログが
きっかけだったそうで最初、衝撃を受けられたそうです。

一般的にヨーグルトや乳製品は腸の働きを良くすると言われていますね。
みのり先生も肛門科医として患者さんにお伝えされていたそうです。

ところが本を読み小麦や乳製品に含まれる「グルテン」を抜くことで
体の不調が改善されると知りご自身の体で実験されたそうです。
すると体の調子が整いダイエットやお肌にも良くなる等、劇的に変化したとのこと。

患者さんに今まで伝えていたことが間違っていたことを謝り
その後は患者さんにもグルテンフリーをすすめています。

特に便秘や下痢が劇的に治ることには、肛門科医として驚きだったそうです。
「何かの病気なんじゃないか」と思うほど便秘と下痢に悩まされていた患者さんが
1週間食事を変えただけで薬を手放すほど効果があったそうです。

食事を変えた当初は制限されることにストレスを感じたそうですが
グルテンフリーの食材や食事はいろいろあるそうで
放送当日は米粉のマフィンを持ってきてくださいました。



めっちゃ!美味しかったです♪

「とにかくだまされたと思って2週間試してみて!!
体調が良くなるだけじゃなくてダイエットにもなるしお肌もきれいになるから~」
と笑顔のみのり先生。

肛門科医の女医さんがすすめるグルテンフリー食事療法。
ラジオ放送をお聞きいただき、ぜひ本を読んでみてくださいね。





結びの言葉ではこんな一言を頂きました。

私にとってこの本は
『体と心を劇的に変える運命の一冊』です。




鼻歌フンフンコーナーでは「肛門科」にかけた問題をお出ししたところ
「これね、よく言われるんですよ~!」と大爆笑でした。
さて何の曲か、皆さんはわかりますか?





結んでひらいて、なら結びコーナー

リスナー様よりメッセージを募集しました。
テーマ「あなたの趣味は何ですか?」
 
山内知子様
私はこれといった趣味はないけど試験期間中で早く帰ってくる娘に聞いてみた。
「人間観察」「へ~~」
知らなかった…。私も観察されてるんかな。怖っ。

ラジオネーム:おしりとオナラは子どもの笑いのつぼ様
こんにちは!私の趣味は仕事です。無趣味なので仕事が趣味かな?
子ども達に関わる仕事をしていますが、子ども達に囲まれている時間は最高です!
パワー全開でくるので、ちょっと疲れますけど…。
みのり先生の子どもの頃ってどんな感じだったのか教えて頂けると嬉しいです。

ラジオネーム:ナガノドットノム様
読書、天体観測、トレッキング、旅行、温泉、ラジオ+ラジオノート記入、漢方の勉強、俳句etc~
本来一つの趣味は増えれば昔のは減りがちだけどまだまだ好きだから増え続けてます。
みのり先生へ
私はジャズやクラシックも好きです。これを機会に先ほどの本買いますね♪
メッセージありがとうございました。

みのり先生の趣味は「歌」。
診療所で院内コンサートを開かれるほどの素晴しい声をお持ちです。

ぜひ聞きたい!というリクエストにお答え頂き
JAZZナンバーの「smile」(日本語バージョン)を歌って下さいました。



ラジオ局の方も絶賛の歌声を、ぜひお楽しみください!



◁2016年11月     2017年1月▷