◆「失敗から学ぶ」という落とし穴

少し前落ち込んでいたことがありました。

とあるカウンセリング事例で
自分の対応がまずかったのではないか?
他に方法があったのではないか?と気になっていたのです。

私は定期的にマンツーマンで
自分より経験豊かな先生に
スーパービジョンを受けています。

そこでこの件を話してみました。
(クライアントには症例を話すことを
許可いただいている事例です)

すると一緒に検証後、
次のようにおっしゃいました。

『失敗から学ぶのは「失敗しだい」ですよ』

なぬ?
どーゆーことでしょう?

一般的には「失敗から学びましょう」と言いますが
それはケースバイケースです。

例えば経験の浅い「失敗」からいくら学ぼう!と
がんばっても得られるものは少なくなります。

逆に今の自分以上に経験のある人や
成功者の失敗や事例から学ぼうとすると
気づくことや得られることは多くなります。

はっ!なーるーほーどー!
目からウロコでした。

自分が日本人として自覚できるのは
他に比べる対象が豊富にあり明確だからです。

周りにアメリカ人やフランス人や中国人、
ネイティブがいるからこそ自分が日本人だとわかる。

ですが日本人の中だけで比較しても、
それは狭い気づきや自覚にしかならないでしょう?

『失敗から学ぶこともその時々によって
対象を選ぶ必要があるんですよ』

失敗から学ぶには、失敗を選ぼう♪

おかげ様で今の自分に何が必要かが明確になり
落ち込みはすぅーっと消えました。

今やることをやる!ですね。