人に頼ることができるのは、自律しているからこそ

なんでもかんでも人にゆだねる、頼るのは
自分軸がないようですが

逆に人に頼れない、
なんでも自分で処理、解決しようとするのは
一見自分軸があるようで
自律した状態とは言いがたいです。

人に頼れるは人と自分の違いを認め
出来ないことを受けいれる心があるからこそ。

また人に頼って傷つくかもしれない
または思うような結果が得られないかもしれない

そんな自分をも受容できる力があるからこそ
頼れることができるともいえます。

カウンセリングにお越しの方が
「なかなか人に頼れないです」
「頼れるようになったらリスクもあるけれどラクになるのになぁ」
「視野が拡がるのになぁ」
などとおっしゃる時こうお返します。

「出来ていますよ。今ここで」

カウンセリングは自律を育てる時間です。