◆相談者とカウンセラーのフェアな関係

なら結びの心理カウンセリングの相談者さんの年齢は10~50代、70代と幅広く、
男女比率では女性が8割です。
とは言え、男性のご依頼が重なる月もあります。
(男性はご紹介、お知り合いのみとさせて頂きますのでご相談ください)

なら結びでは、初めての方は、これまでカウンセリング経験のあるなしに関わらず
まず体験を受けて頂きます。
その後、継続されるかどうかを無理にオススメしたり、勧誘するようなことはしません。

なぜならカウンセリングも講座も、ご自身で決めて選択するからこそ効果があるからです。

また私はカウンセリングをする側ですが、誤解を恐れずに言うと私も選択させて頂いています。
上から目線ではなくフェアでいるのが基本。

・このご依頼は私の専門分野かな
・出来ないことはないけれど、時間がかかるかな?
・相談者にとっても私にとっても心的体的負担はどうだろう?

お断りすることは少ないにしても、何か違和感があれば迷わずお伝えし
なぜそう考えたかをご説明しています。

お互いに納得、合意してこそのカウンセリングやマンツーマン講座だと思うのです。
逆に自分が出来ることは、自信をもって任せて下さいとお受けしたいから。

前に学校の先生がこんなことをおっしゃっていました。

「保護者が色々いってくれけれど、先生だから全て受け止めないとと思っていました」

私が上記の考えを言うと少しびっくりされましたが
話を聴くのとなんでもYESを出し受けるのは違うと思うのです。

また専門と専門外もありますから。それは仕事だけに限らないと思います。

相性や組み合わせ、出来ること出来ないこと、更に言えば、
どんな人と付き合いたいか付き合えないのか
その基準をもつことは相手への信頼関係を築く指針にもなります。

自分が受ける立場なら、そんなカウンセラーがいい。
数ある中から選んでご連絡下さった勇気やエネルギー、想いを大事にしたい。
だからこそフェアでいたいと思います。