2016年2月

■2016年2月5日放送




2月のゲスト


神戸ラブパワーハート代表の
カラーセラピスト宮西美紀子さんです。


ラブパワーハートでは、色で心を育てるをテーマに
心育てのカラーセラピー、カラーセラピスト養成を行っています。
日常にあふれている色を意識することで心身ともに
バランスを整えることもできます。

ラブパワーハートホームページ➡クリック


会った瞬間からいつも笑い声の絶えない美紀子さん。
打ち合わせも、賑やかな笑いに包まれて進みました。

この笑顔♪






ゲストに聴く・本との気持ちコーナー

宮西美紀子さんご紹介の本はこちらです。
本 :「色彩心理のすべてがわかる本」
 

著者:山脇恵子

内容:色の基礎知識から、色と人の心との関係、色を使って          人を元気にするヒント等が書かれている。

日常にあふれている色からのメッセージや
活かし方が書いてある本で専門家ではなくても楽しんで読める1冊。
美紀子さんがカラーセラピストとしての理解を深める為に愛用しているそうです。

実は小さい頃から絵を描くことが苦手だったという美紀子さん。
美術の時間はお腹が痛くなるほどで、色にも苦手意識があったそうです。

ところが心理学でアートセラピーを学び
「絵はうまい下手ではない」ということに気付かれます。
それをきっかけに色を使って「表現したい」と思うようになったそうです。

せっかくなので何か色のメッセージを知りたいとお願いしたところ
サプライズでプレゼントをご用意して下さっていました。

こちら↓


3色の箱(中身はチョコレートです)

好きな色を選び、そこから色のメッセージを伝えてくださることに。
「せーの」で選んだ色は水崎、伊藤の2人とも青色。
さてどんなメッセージだったかは、ぜひ放送をお聞き下さいね。
赤と黄色のメッセージもお話下さいました。



結びの言葉ではこんな一言を頂きました。
私にとってこの本は
『話を聴いてくれる友人の1人』です。

宮西美紀子さん、ありがとうございました。



鼻歌フンフンコーナーでは、「どうしましょ…」とおよおよする場面も。
無事PRタイムは勝ち取れたのでしょうか。





結んでひらいて、なら結びコーナー

美紀子さんからご質問頂きました。

【質 問】
セラピストとして人を育てる立場にあるけれど
わが子になると感情的になってしまうことを悩んでいる。
例えば朝の支度で急いでるとき、頭ではわかっているけれど
早くしてほしくてつい感情的になる。


【答 え】
身近な人に感情的にならないなんて無理です。


1月放送のラジオにはパートナーさんがゲストでしたが
心臓バクバクでしたから(笑)

ただ、感情的になる時にはパターンがある。
何とかしようと焦っている時、急いでイライラする時など。
そんな時は何もない時に
・客観的に書きだし振り返る
・自分と対話する

また感情が動いている最中は
・その場からスッと離れる
・数をかぞえる

どんなに頭でわかっていても
身近な人、近しい人ほど感情が動くのは仕方のないこと。
そんな自分もOK!!と受け止めてあげるようにしましょう。



◁2016年1月           2016年3月▷