2015年10月

■2015年10月2日放送





10月のゲスト


あなたのためのお惣菜屋さん
「ナチュラルなキッチン」のなつきさん(古川直子さん)です。


ご家族やご自身のためになかなかお料理できないお家のコックさんのために
そして召し上がった方の心と体がほっとするような、そんなお惣菜を
提供することを目標にゆるりと動いている幻のお惣菜屋さんです。

★なつきさんのブログ➡クリック



この日はなら結びの初お茶会。
なつきさんもご参加くださいました。


お茶目ななつきさん登場!(笑)





ゲストに聴く・本との気持ちコーナー

なつきさんご紹介の本はこちらです。
本 :「せんせい けらいになれ」
 
著者:灰谷健次郎

内容:子ども達の詩が掲載されている。             
    詩のあいだに先生からの導きが書かれている。

なつきさんがこの本と出逢ったのは小学校1年生の頃。
学校の先生が直接家に売りに着たそうです。

その先生は、なんと「灰谷健次郎さん」ご本人。
隣のクラスの担任で、なつきさんの作文の先生だったそうです。

こちらの本は子ども達の詩が沢山載っています。
ラジオ中、なつきさんが詩を1つ紹介して下さいました。

題名は「きりん」です。
短い詩ですが、子どもならではの素直な表現がギュッと詰まっていました。

どう感じているかはその人それぞれで真実も人の数だけある。

大人であっても子どもであったとしても
自分の思ったことは曲げなくてもいい
という事をこの本を通して、先生から教わったとおっしゃっていました。




結びの言葉ではこんな一言を頂きました。

『あなたはそのままでいいよ』
「ナチュラルなキッチン」のなつきさんは
この言葉通り、真っ直ぐ芯の通った心優しい方です。







結んでひらいて、なら結びコーナー

なつきさんからご質問いただきました。

【質 問】
「なぜ、ゆかぽん(水崎結香)はこんな活動しているの?」




「なら結び」では様々な講座やイベントを開催しているのは
こんな想いがあったからでした。

【答 え】「幸せを感じたいからです。」

「なら結び」が想う幸せとは以下の3つです。
「生まれてきてよかった」「逢えてよかった」「自分でよかった」
このように思えるような繋がりの架け橋を作りたいと思っています。

人それぞれ同じものを見ても感じ方は違っています。
どこで感じるのか?
それは気持ちであり心です。

心理学は統計学で人の心がギュッと詰まっているもの。
講座やイベントでは。心理学を通して幸せを感じられる心作りを
育てていきたいと思っています。



なつきさん素敵な質問をありがとうございました。

10月放送についてみずさきゆかブログに書いています。➡クリック



◁2015年9月          2015年11月▷