◆家族の誰かがツライ時、家族の1番の役目は?

「なんとなく気になるから見といたってな」
ある日、息子について夫が言ってました。

そんな矢先、突然昼間に予備校から息子が帰ってきました。
いつもは22時過ぎの帰宅です。

部屋に入ってしばらくして
様子がおかしいことに気づきました。

咳こんで涙を流しています。

あ、体じゃないな…
背中をさすり続けました。

もともとこう!と決めたら意思強く没頭するタイプです。
予備校生活を淡々と過ごしてるように見えていましたが
色々あるんだろうなと思っていました。

咳きこみ涙を流したあと
せきをきったように話し出しました。

自分との闘い、スランプ
人間関係、将来のこと・・・。

ただただ、うんうん、それで?それで?
そうか、そうかと気持ちを聴き続けました。

夜、帰宅した夫にも息子は自ら今の現状を話し
夫もまた同じようにそうか、そうかと聴いていました。

息子は家に昼は帰宅する2日前、
中学の時にお世話になった学習塾へ行き
恩師に胸のうちを打ち明けたそうです。

それを聞いて心底、安心しました。

つらい時、行き詰まった時
そのままを出せる場所があるんや。
帰りたいと思える場所があってよかった。

あくる日、うって変わって
すっきりした顔で出て行きました。

『それにしても笑えるわ。
先生も、お父さんも、お母さんも
バラバラに言うたのに、みんな同じ対応やねん。
オレに言うことまで皆一緒やったし(笑)』

自分を大事にすること。

人は人の影響で傷つくことがあるけれど
人によって癒され、また本来の力を発揮し前を向くんですよね。

まず、家族がそういう場所でありたい。
常日頃おもっています。

◆自分の意見を持ち、伝えるだけでいいの?

これからの時代の教育は「自分の考えや券をしっかり持つこと」と
「それを伝えることが大事ということ」を学んだことがあります。

学んだ時は、心底そう思う一方で
モヤッと感をかんじていた部分がありました。

なんだろう?これ?
数日考えて、ようやくわかりました。

能動的に、積極的に学ぶことをアクティブラーニングと言いますが
その効果を高めるためには自分の意見を発信するだけでなく
アクティブリスニングが同等に必要じゃないか?と思ったのです。

しっかり伝えると同時に
しっかり受け取る力(聴く)が必要なんじゃないかと。

アクティブリスニングとは
積極的に聴く心姿勢や聴き方のことです。

積極的に聴く姿勢とは受け身という意味ではありません。

相手の考えや気持ちを心的レベルで
評価や決めつけをせず聴く姿勢のことで
これが出来るのは自分を殺して相手の話をきくのではなく
むしろ自分の考えをもち、相手の考えと混ぜない受信力が必須になります。

この心的レベルが、アクティブリスニングなんですよね。

私は積極的に自分の意見を言うこととしっかり聴くこと
この両方が大事なんじゃないかしら?と思いました。

最近、人と話をしていて
あれ?と思うことがありました。

それは、私はまだ話終わっていないのに
「それは、こうで、ああで、こうでしょ」と意見を話されるという場面。

うーん。
訂正するヒマもないというか。

これでは、いくら素晴らしい意見でも
一方的に投げ続けているだけで生産的じゃない
一方的でしんどくなると感じました。

特に、身近な相手(家族や気心しれた身近な関係)にやりがちかもしれません。
または何かを教える立場の人にもありがち。
自分も気をつけたいと思いました。

伝え方と、聴き方
なら結びのコミュニケーション講座でお伝えしています。
(マンツーマンで学べます)

◆苦しい経験も自分で選択してきた魂の課題だと思っています。

はたからみると、順風に見える人でも
『そんなことがあったの?』と驚くような壮絶な悲しみ
苦しみを乗り越えてこられた方が沢山いらっしゃいます。

また、今がどん底で災害や事故、病気
家族の不調に巻き込まれている方もいらっしゃるでしょう。

そんな人が身近にいる時
自分の力のなさを痛感します。

また、自分がどん底だった時、
周りがどんなに心配してくれても
苦しみは苦しみで
急に変化するものではないことを味わってきました。

また人の苦しみや悲しみ伊丹は
比べられないし本当のところわかりません。

私は、人生で起こることは
全て自分の魂で決めてきた
それぞれの課題だと思っています。

それは、過去世があるかないかの
実証ではなくそう思うからです。
(この感覚は幼少期からありました)

魂で決めてきたことなら
どんな苦しみも自分が主体です。
もちろん喜びや幸せも。

そう考えると、どんなに理不尽なことがあっても
外部から傷つけられても
自分で決めてきた縁やストーリーなら
他者や、避けられない災害や病気、事故に
真の意味で傷つけられることはない。

どんな状況でも心の選択は
自分にあり続けると思うのです。

◆勇気と共にいる勇気

これまで言えなかったことを意を決して言う勇気

しゃべらないと約束したことを言わない勇気

自分を信じ相手を信じる勇気

励ましあいながら個々にがんばる勇気

これまでやってきた習慣や考え方を
変えようと意識してやってみる勇気

まわりのみんなと同じじゃなくても
自分の心の声をよく聴いて動く勇気

やめることを選ぶ勇気

嫌な人やモノを目の前にしても
嫌な顔をしない勇気

ケンカした時
自分から仲直りする勇気

こだわりを手放す勇気

結末を知りたくても焦らない勇気

髪形や外見を変える勇気

いつも自分なんてと思ってしまう癖を
よくやってるよと認めてあげる勇気

別れなければいけない時は
さよならをする勇気

夢にむかって
吹いて吹いて吹き続ける勇気

スペシャルから、日常のものまでたくさん。
でも、なんだって勇気は勇気。

今日も勇気と共にいる勇気を。

◆名前を呼んでインナーボンディングする

1日の中で人に会おうが会まわいが
誰かの名前を想起していると思います。

気功教室で自分の名前を自分で呼び
深く自身と繋がるワークをしました。

それ以降、普段以上に「名前」に意識を向けると
いかに自分が1人でいる時も
人のことを考えているかに気がつきました。

目の前に人がいなくても人のことを考えていると
違う人の名前を呼んでいることになりますよね。

想像ほど強力な力を持っています。

想像によっていい気分になったり萎えたりするのは
他人や他者の気やエネルギーを再現しているから。
そうすると自分と離れやすくなります。

シンプルに自分の名前を呼ぶ。

簡単に出来ておくが深い、
インナーボンディングワークだと気づきました。

インナーボンディングとは
アダルトチルドレンの理論でお伝えしている
自分と綱が絵う、自己一致するという意味です。

自分を認める、褒める、労わるが
つい疎かになってしまったりうまくできない方

なんか最近ザワついてまわりにひっぱられるなぁという方

ぜひ自分の名前を呼んで大事に、大事にしてみられては
いかがでしょうか?

ちなみに私はこれを意識的にやるようになってから
直感が冴えています。

人の妊娠がわかったり
正夢の頻度がたかくなったり

とはいえ、当たるのは
いいことばっかりだけではないですが。

名前は宝石、原石。

大好きな人に呼ばれる時のように包むように
呼んでみられてはいかがでしょうか。