◆アダルトチルドレンはどうなったら回復しているんですか?またどこまでやったら回復ですか?

先日から、オンラインを使ったワークショップを行っています。
主催してくださったのはフィンランド在中の花ちゃん。
題材は「アダルトチルドレンの回復」です。

メンバーは7名。知っている方も、そうでない方も先入観なく「今ここ」で
それぞれの人生を振り返り、自分を知る→自分を愛する、ということを目的で学んでいます。

一人でなく、仲間がいることで互いの刺激になり
思わぬ自分の内面に気づくことがあり
また回復に向かう為の意欲にも繋がるのでいいなぁと思います。

花ちゃんは「個人の成長が団体や社会、この世界の変化に繋がる、
これからはそれに取り組む時代ですよね」とおっしゃっていましたが私も同感です。

人の意識は1割が自覚のあるもの(顕在意識)
9割が自覚なきもの(潜在意識)だと言われます。

その無意識(潜在意識)には幼少期に親との関係で
本人が自覚なく傷ついた無意識があり
それによって大人になってから生き辛さを抱えている人が
日本の80~90%いると言われています。

そんな風に言うと

自分はそんな酷い親に育てられてないよ。
生きづらいって感じたことないけど。
フツーに生活できてるし。
皆生きてりゃ、悩みごととかあるのがフツーでしょ。

または、

確かに、幼少期は親とうまくいかなかったし
しんどい思いもしたけれど、今から思えば親の立場もわかるし
仕方なかってんからさらどうのこうのいっても意味ないやん

など、多くの方は上記のようにおっしゃいますが
生きづらさに良いも悪いもなく
それがあるがために人生の満足度、幸せ度が低くなっていることや
常に人や外の状況で左右されるのが本当にもったいないぁと思います。

無意識だからこそ、気づいていないことが
(自分の可能性や力にも)
実は、モリッモリあるんですよね。

生きづらさとは、たとえばこんなのが一例。

これはごくごく一部。
でも、こんなのが日常だと、そりゃしんどいですよね。

これらは人によって千差万別です。

そして、これらは「性格」だからと思いがちですが
その根底には親や家族の影響からつくられた
「思い込みだらけの偽りの自己」が潜んでいます。

その根本原因が親や家族の関わり → 無意識に刷り込まれたものです。

AC回復のワークショップでは、それぞれの人生を逆算して
無意識に受けた影響や心の傷を自覚することからはじめます。

今さら過去のことをほじくりかえして何になんの?
と思う方もいらっしゃいるかもしれませんが
掘り返して悲しい思いをすることが目的ではありません。

あくまで、「今」を安心して自由に生きるため。
無意識に潜んでいる傷ついた過去に左右されず生きていくための
自分を愛する過程です。

自分の人生は自分のもの。
過去は自分の大切な一部だもんね。

ワークの最後にみなさんから質問が出ました。

アダルトチルドレンの回復っていつになったら
どうなったら回復と言うんでしょうか?

それに対して私は、
一生アダルトチルドレンであることは変わらないと応えました。

なぜなら過去はどれだけ癒してもその事実は消えるものではないからです。

またその過去は自分の一部。
傷の裏側は大切なギフトになる可能性をはらんでいます。

アダルトチルドレンを自覚し今ここでどう生きるかを
選択することで生き辛さを感じる度合いは確実に変化していきます。

それは、どんな過去であれ自分のあるがままを受容し肯定することで
まるで、過去傷ついた自分ではないかのように生きやすくなっていくからです。

それって今まで暗闇から得体の知れない音がしていたけれど
その正体がわかり恐怖を感じる時間や感度が変わっていくってことじゃないですか?

また、回復したというのは1日の終わりにベットに入って
1日を振り返った時、心おだやかに
「色々あったけど、あぁ、いい1日だったなぁ」と振り返れることじゃないですか?
と花ちゃんが例に出しておっしゃいました。

その通りですね。

アダルトチルドレンの回復はしあわせは、何か特別なことがある時だけ
感じるものではないという事を実感できるようになっていくことです。

何があっても、無くても
あぁ、生きてるっていいな。私っていいな。
そう五感を通じて「今ここ」を穏やかに感じられるしあわせな心が
常に自分のベース(真ん中)にあるかどうかです。
↑それが回復した状態。

そこを目指していきます。

そして、一生終わらないと言ったのはしあわせに限りはないから。
アダルトチルドレンだからこそ人生の幸せを得る!
それはすごい可能性なんですょ。

しあわせ創造ワークショップだと思っています。

過去に、うつや依存症、摂食障害、パニック、不安神経症、一時期的な対人恐怖など
色んな症状を抱えた私ですが、それらは、かけがえない贈りものだったと今思うことができます。

私もまた皆さんと共に自分や人生を愛していきますよー。

【ご案内】
ACグループワークは今のところ限定でさせて頂いていますので
メニューでのご案内はありませんが、
「アダルトチルドレンの回復講座」はマンツーマンで受けて頂くことが可能です。
対面だけではなくオンラインでも可能です。
アダルトチルドレンの回復にご興味のある方、
またアダルトチルドレンって何?と気になられる方はこちらをご覧ください。
アダルトチルドレン回復講座(全5回)

◆落ち込んでも仕事がある時は、イメージを着せ替えします

予想外のことや、ショックなことが起きると
なかなか平常通りとはいきません。

淡々と過ごす精神力を持ち合わせている人に
たまに出会いますが、私はどちらかというと難しいです。

家族や近しい人には、落ち込んでいるのを隠しませんが
それが仕事になるとあからさまに落ち込みが伝わるのは
よくないと思っています。

だからといって、なかったことにする
自分の感情を無視してごまかすというのも不自然だと思います。

困りましたね。どうしましょう。

そんな時は、場面にあわせた服を着るイメージを持ちます。

日常や仕事で落ち込むことがあっても
今、講座をする時は講師の服をきている私だから
その服に見合った自分でいる
今はカウンセラーの服を着ている私です!というように。

相手のためというより
自分に正直でいる方法の1つだと思います。

揺れること、落ち込むこと、へこむこと、気持ちが沈むこと…ありますが
そんな自分と付き合う方法の1つがイメージの着せ替えです。

◆仲裁に入らない決意と、かばわない決断

子どもの頃(しょっ中ではありませんが)
父と母が喧嘩をしていたら仲裁に入ろうとしました。

学生の時、友達同士がもめていたら
何とか中に入って事なきを得ようと頭を使いました。

社会人になってから、同僚と上司がぶつかりかけたら
丸くおさめようとしました。

人として、弱い立場の人をかばったり
正しいことをする判断や勇気は大事だと思います。

ただ、そうやって仲裁ばかり考えていた時を振り返ると
「自分はいい人」の役をやっていたんだな
どこかで斜交い(はすかい)から人や物をみて上から目線だったんだなと
今はわかるようになりました。

そうやっていい人を繰り返している時
自分の気持ちは置いてきぼりです。

物分りがよくて、穏やかで、皆の調整をして
自分は後回しにあんってばかりだとしたら
本心は、怒りや憤り、寂しさや悲しさを閉じ込めているかもしれません。

そういう方の周りは気づくと身近な関係や家族が
いつも問題を抱えていて大変なことが多いです。

それに気づいてからはむやみやたらと仲裁に入ったり
かばうことをしなくなりました。

私は平気だからというのは違いますよ。
まずは、自分を大切に…。

◆根っこに気づく時に感じること

カウンセリングをしていると、クライアントさんが
自らいろんなことを気づいていかれます。

その中の一つに、私も個人的に
そう思う!ということがあります。

とはいえ、カウンセリン時間は
私の感情や経験は混ぜないので同庁はしませんが、、

それは、起こる出来事や一見違う人間関係でも
自分に繋がり起こることの根本は
繋がっているということです。


このご神木は太い根っこから二本の木に分かれていました。
(三輪山 大神神社 巳の神杉)

色々、悩むことも、良いことも
自分の在り方や、過去の経験や心癖からきているんだなぁと。

自分の根っこに気づくとパズルのように
探していた答えにたどりつくことがあります。

心理カウンセリングだけではありませんが
根っこに気づく時、心が震えます。

人の本来の強さを感じる瞬間です。

◆嫌いな心癖とサヨナラする方法

「自分の心癖を辞めたいんです」とおっしゃる方がいます。

例えば

すぐ言い訳をする、とか

すぐ嘘をつく、とか

すぐ忘れるようにする、とか

すぐ虚勢をはる、とか

すぐ喋りすぎてしまう、とか

すぐ頑張りすぎてしまう、とか

すぐ人や自分を責めてしまう、とか。

・・・なくて七癖と言われるくらい心癖は誰にだってあるもの。

もし、なんらかのきっかけで、その癖とサヨナラしたいなぁと思うのであれば
とても効果のある方法があります。

それは、決別したい心癖にまず、お礼を言うこと。

きれいさっぱりサヨナラの決意をするには
まず感謝を抱くことです。

だって、その癖があなたが酷く傷つかないように
守ってきた相方だったのですから。

どんなに嫌な癖にも、まず「ありがとう」

そう思うと、すぐにサヨナラできなくても
心にゆとりが出来て
ゆっくりその癖と距離を置くことが出来ます。