◆生まれながらにして持つ人間の4つの衝動とロボット

随分前ですが、テレビで
ロボットの特集をしているのをみました。

宙に浮く車や、砂利道を歩くように進む車や
平行移動する車、狭い道に合わせて車体がコンパクトになる車など。

ついていかれへん・・・。
ますます人が働く作業が減るなぁ・・。

私の仕事は心理学を扱い心の在り方、
人と人との対面が基本なので、表面だけ見れば真逆です。

ただ、そのロボットを開発された方の話を聴いていると
やはり根底は人間の心や想いありきだなぁとホッとしました。

その方は古田貴之さんといいました。
幼い頃、鉄腕アトムを作りたくてロボットエンジニアを目指しますが
10代で突然の難病になり余命8年と宣告され車いす生活になったそうです。

そこから、これまでのロボット研究への意識が変わったらしく
人の為に役立てられるロボットや機械を作りたい一心で
研究を重ねられてきました。

ロボットが進化しても人間にしかできないことがあるか?
番組では議論をされていましたが、古田さんは幼い頃は
「人間の形にこだわったロボット作りを目指したが
病気の経験から人の人の役に立つロボットを作りたいと動機が根本から変わった」
とおっしゃっていました。

心理学では生まれた時代や育った文化に関わらず
人は生まれながらにして4つの強い衝動を持っていると言われています。

1、自己実現を求める衝動(自分らしさや能力を発揮する力)

2、無条件の愛を求める衝動

3、表現を求める衝動

4、変わりたくない傷つきたくないと求める衝動

どれだけ技術が進歩しても、時代が進化しても
人間らしい4つの衝動は鈍らしたくはない。

研究者の方に敬意を感謝を抱きつつ
なら結びはアナログ発信でいきたいと思います。

◆「話す」メリットと「聞く」メリットとは?

『聞くって疲れます。。。』
と以前、生徒さんがおっしゃっていました。

『会話では「まず聞くことが大事」とか
聞くこと「〇割」とかいうのでやってみたんですけど
なんか聞いてるフリみたいで白々しい…。
心からなんて、なかなか聞けないです』

皆さんは聞くのはお好きですか?
相手の話を心から聞くことが出来ますか?

確かに聞いてるフリは疲れますし
また自分の思いを押し殺すのもしんどいですね。

多くの人は聞くより話す方が楽と言います。
中には「私はそんなことないよ」という方もいらっしゃいますが
安心して話せる相手だったり、ちゃんと聞いてくれる人になら
話すことの気持ちよさを感じると思います。

なぜなら誰しも自分のことを

わかって!
認めて!
ほめて!

と思っているから。

それが人間だもの・・・by深層心理

誰もが承認欲求を持っています。
だからこそ人に話をじっくり聞いてもらうと
欲が満たされて、ホッとするし気持ちよくすっきり感が出るんですね。

「話す」と「聞く」にはどちらもメリットがあります。
どちらにも効果があって特になるってこと。

★話すメリット
・すっきりする
・整理整頓ができる
・新たに気づく

★聞くメリット
・信頼関係が築ける
・情報収集ができる
・新たな価値観に触れたり、人との違いを知ることで見解が広がる

私は「聞く」のも「話す」のもどちらも大事だと思っています。

聞くのは不自然になるという方。
今一度、聞くからこそ得られる効果に目を向けてはいかがでしょうか。

「聞く」と「話す」は人想いの表れ。
お互いの心を育てあうコミュニケーションです。

◆繰り返す言葉で褒め上手になろう

自分でいうのものなんですが
『褒め上手ですね』と言われることがあります。

私にとっては普通の会話なので、今のが??と
最初の頃は思っていたのですが
これは心理学やカウンセリングの技術が
自然に出ているのだと思いました。

褒めるポイントは2つあります。

1つは、心の在り方、嘘を言わない(コントロールしない)
もう1つは技術、繰り返す(見たまま・聞いたまま)、短い感想。

例えば、もてなし上手な方がいて訪問したら
冷たいおしぼりを用意して下さっている時

来る前に冷やして下さったんですね(繰り返し)
気持ちいいなぁ、嬉しいです!(感想)

また私が仕事で困っている時に
スタッフが情報を幾つか調べて持ってきてくれた時には

短時間で色んな情報を集めてくれたんやね(繰り返し)
参考になるわ!すごく助かる!(感想) ありがとう。

こんな風に伝えます。
わざわざ褒めなくても事実と感想を、嘘なく正直に。

言われた方も、言う方も、ちょっとテンションあがる!
だからといって大げさはよろしくない。

1番は、相手を思う気持ち(在り方)が褒め言葉の根本です。
これさえあれば、技術はいらないくらい。

褒め言葉はいいこと見つけ。
だから基本事実だけ繰り返せば相手に伝わりやすいんです。

そして、この褒め言葉。

人にだけでなく
自分に使えるといいですね。

◆生産的な悩み方

悩んでいる時、なかなか決断できない時は
内側で何が起きているかというと、ごちゃごちゃになっています。

何が??

『考え』と『気持ち(感情)』です。

心理学を学ぶまで考えと気持ちとの違いがあることを
意識したことはありませんでした。

内側で感じることは
全部ひっくるめて気持ち(感情)だと思っていました。

例えば、会社を辞めようかな?と悩んでいるとして
『食べていけるかな?と思うと心配・不安になる』とします。

さて、ここで問題。
この場合、どこが考えでどこが気持ちかわかりますか?






答えは
(考 え) 食べていけるかな?と思うと
(気持ち) 心配・不安になる。

いかがでしたか?
正解されました?

めんどくさ。
そんなんやって何の役に立つの?
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

ところが、どっこい!
この考えと気持ちが分けれると自分の感情に振り回されなくなります。
また、いい方法が見つかったりアイデアが湧いてきたりもします。

感情はもともと湧いてくるもの。
それはそれでよし。

それに囚われ続けていると厄介なことになります。

つまり、仕分けができているか否かで心の悩みが
整理整頓できるようになり新たな発想が湧いてくるのです。

考えと気持ちは繋がっていて
考え方が変わると気持ちも変わります。

この例でいくと、会社をやめたら
『食べていけるかな?と思うと心配不安になる』が

やってみないとわからないと思うと
ちょっと不安で、ちょっと楽しみに思う!
に変えることが可能なのです。

あくまで本人次第ですが。
(人によってはさらにネガティブになる場合も有り)

でもね、人は元々よくなりたい、快を感じたい
成長したいという根っこを持っているのです。

だから、自分の内側で対話すればするほど
人は自分の本来の力を発揮するし
心を使えば使うほど磨きがかかって
いくつからでも変われるし
悩みを肥やしに成長していくことができます。

今の時代、しんどいことは嫌!
手っ取り早く楽になりたい!
考えたり悩むのは無駄・・・。

という風潮も感じられますが、私はどんな時代であれ
心を沢山使えば使うほど、自分の内側からあふれる
幸せを感じられると思っています。

だって、機械じゃないもん。
人間だもの。悩んで当然。
悩むときはしっかり悩む方が健康的じゃない?

その悩み方にコツがあって
そのコツの1つが『考え』と『気持ち』の仕分けです。

私は心理カウンセラーとして職業上この仕分けを訓練してきましたが
心理カウンセラーではなくとも普通の日常でこの仕分けが身につくと
他人や自分ともうまく付き合えるようになります。

絶対に人は一人では生きられないから。

悩みがある時は、考えと気持ちの仕分け
ぜひ参考にしてみて下さいね。

◆人想いの優しいあなたへ

相手が悩んでいて心配な時

それが身近であればあるほど
なんとかしてあげたいと思いますよね。

また自分のことのように気になり
しんどくなってしまう方もいるかもしれません。

そんな優しいあなたへ。

相手が自分の力でその悩みを解決できる
コミュニケーション法があります。

ついつい、励ましたり応援の言葉をかけたくなりますが
そんな時ほどちょっと待ったです。

大丈夫かな?
心配・・・
かわいそう。
何とかしてあげたい。
私だったらこうするけど。

・・・・・・。

そんな自分の気持ちが入った心の器を一旦、横に置いて
もう一つ空っぽの器(心)を用意してみましょう。(イメージね)

そして、その空っぽの心の器に
相手の気持ちをすっぽり入れてみます。

今どんな気持ちで話をしているのかを想像しながら
相手の表情や態度をよくみて
うんうんと聴いて入れてみましょう。

相手の気持ちを想像して集中していると
自分の思いを話す余裕はありません(笑)

そして今度は相手のいうことを確認するように
「腹立つんだね」とか
「もうやめようと思うのね」など
器に入っているものをお返ししてみましょう。

その時の注意点は、自分の心の器と
相手の心の器を混ぜないこと。

ただし自分の時間を犠牲にしたり、やることがあるのに我慢して
相手の話を聴いたりするのは効果なし。

出来る時に、できる範囲で。
時間を区切ることも大事です。

よく相談されるけど
どこまで聴いていいかわからない。

また、聴けているのか何が正解かわからなくて
いつも堂々巡り。

聴いていてしんどくなる方は心の器を分けて
聴く・伝えることがごっちゃになっているかもしれません。

知は力なり。

コミュニケーション力を磨いて
あなたの優しさを大切なかたにプレゼントしてあげましょう。